ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは効果なし?効かない?配合成分から検証

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトはダブル有効成分の薬用ホワイトニング

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトはダブル有効成分と合計64種類の美容成分が配合されている薬用ホワイトニングジェルです。

 

ひと塗りで『もっちり肌』『ホワイトニング』『濃密保湿』の効果を同時に実感することができます。

 

メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐことができるので、透明感を手に入れたい方におすすめです。

 

 

 

ひと塗り3つの美肌効果を実現します

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの3つの実感力

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを使い続けることで、『もっちり肌』『ホワイトニング』『濃密保湿』の美肌効果を実感することができます。

 

2種類の薬用有効成分と64種類の美容成分が配合されていて、あなたの肌に働きかけます。

 

 

もっちり肌・濃密保湿効果

保湿オイル由来カプセルのイメージ図

 

私たちの肌にはバリア機能があります。

 

水性(汗など)や油性(皮脂など)が混ざり合った状態で水分の蒸発を防き、外部からの刺激から守ってくれます。

 

健康な身体を維持するために欠かせない機能なのですが、逆に美容成分を体内に浸透させることが難しいという問題点もあります。

 

そこでローヤルゼリーもっちりジェルホワイトでは、独自の保湿オイル由来のカプセルを採用しました。

 

この保湿オイルカプセルは水性や油性に関係なく、しっかりと浸透していく優れものです。

 

美容成分として欠かせないローヤルゼリーやヒアルロン酸、コラーゲンなどを包み込んで角質層まで浸透させてくれます。

 

大人の肌にもしっかりと浸透していき、各成分の効果を最大限に発揮することが可能になることで、もっちり肌と濃密な保湿作用を同時に実感することができます。

 

 

ホワイトニング効果

W有効成分の薬用ホワイトニング

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトには2つの有効成分(水溶性プラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウム)が配合されています。

 

紫外線ダメージを徹底的にケアして、ホワイトニング(美白)効果を発揮します。

 

シミがない肌には予防効果を、そして新たに生成されるメラニンには濃くさせないホワイトニング発想でアプローチします。

 

 

水溶性プラセンタエキスの作用

プラセンタエキスの栄養は豊富で、5大栄養素(糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル)が含まれているだけでなく、プラセンタ特有の成長因子や酵素類なども含まれています。

 

これらの栄養が肌に働きかけてターンオーバーを整えてくれます。

 

さらに活性酸素を抑制する働きによって、肌の疲労やメラニン色素の生成を抑制します。

 

その結果、シミやくすみを防ぐことができます。

 

【参考文献】
「ブタ由来水溶性プラセンタエキスの開発とその特性」Fragrance Journal(29)(11)

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムの作用

マメ科の甘草(かんぞう)の根・茎から抽出したグリチルリチン酸にカリウムを結合させた成分です。

 

グリチルリチン酸ジカリウムには優れた抗炎症作用があり、紫外線ダメージを抑えたり、日焼け後の肌のほてりを防ぐことができます。

 

その他にも肌荒れやニキビなどのケアにも効果を発揮して、健康な肌をキープしてくれます。

 

 

 

 

大人の女性たちの悩み第1位は『シミ』です

女性の悩み第1位はシミ

 

多くの女性が抱えている悩みの中で一番多いのが『シミ』です。

 

20代までの若い年代ではそれほど気にすることはないですが、30代に差し掛かる頃からシミが目立ち始めます。

 

シミが目立ち始めると、肌の潤いやハリも一緒に失われていきます・・・(汗)

 

その理由は肌のターンオーバーの乱れです。

 

年齢を重ねるにつれて、肌の水分量や皮脂量が減少していきます。

 

その結果、肌のコンディションが悪化していき、ターンオーバーが正常に機能しなくなるのです。

 

ターンオーバーが乱れると、角層に蓄積していたメラニンが表面に現れてきて、シミとなります。

 

何もケアをしなければ、年齢を重ねるごとに肌のコンディションが悪化していきます。

 

しかし安心して下さい。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトでは、『シミ』『たるみ』『乾燥』の3つの肌トラブルを同時にケアすることができます。

 

優れた浸透力・保湿作用で、乾燥した大人肌にもしっかりと浸透していき、潤いを与えてくれます。

 

 

 

配合されている美容成分の効果・効能

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトには合計64種類の美容成分が配合されています。

 

ここで全ての成分に関して解説することはできないので、特に注目したい成分をいくつかピックアップして解説しようと思います。

 

【解説する配合成分】
ローヤルゼリーエキス、コラーゲン、ヒアルロン酸、アロエエキス、オウゴンエキス、シャクヤクエキス、リンゴエキス

 

ローヤルゼリーエキスの効果

ローヤルゼリー

 

商品名の『ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト』にも採用されている成分です。

 

ローヤルゼリーとは女王蜂や将来に女王蜂となる幼虫のみが食べることを許されている食べ物です。

 

働き蜂が花粉やハチミツを体内で分解・合成して、咽頭腺や大腮腺から分泌される乳白色のクリーム状の物質です。

 

一般的なハチミツよりも栄養素が豊富で、合計40種類以上の栄養素が含まれています。

 

 

肌の角層水分量を高める

ローヤルゼリーの美容効果に関しては、肌の角層水分量を高める効果があります。

 

毎日肌に塗り込むことで、肌の角層水分量がアップしたという実験結果があります。

 

かさついた肌に潤いを与えることができるので、加齢によって乾燥しがちな肌におすすめの成分だと言えますね。

 

<検証実験>

30代〜60代に女性の被験者にローヤルゼリーエキスを配合した溶液を4週間にわたって毎日塗布した後に肌の角層の水分量を測定する実験が行われました。

 

塗布開始前と比較して、肌の角層の水分量が増加したことが確認されました。

 

【参考文献】
JADS, 6(1), 10-14, 2013

 

 

コラーゲンの効果

コラーゲン

 

コラーゲンとは、脊椎(せきつい)動物の真皮や靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質の一種です。

 

用途はさまざまで、化粧品やサプリメントなどに配合されています。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトのような化粧品に配合されている場合は、保湿作用が期待できます。

 

肌に潤いとハリを与える

肌の角層の潤いをキープして、乾燥を防いだりハリを与えてくれます。

 

私たちの健康を維持するために欠かせない成分ですが、年齢を重ねるにつれて体内のコラーゲンは減少していきます。

 

25歳をピークにしてそこから徐々に減少していき、40歳になる頃にはピーク時の約半分、60歳になるとピーク時の約3分の1になります。

 

そのため、30歳を迎える頃からは、意識してコラーゲンを補給したいところです。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトには2種類のコラーゲン成分が配合されています。

 

  • コラーゲン・トリペプチドF
  • 水溶性コラーゲン液(魚起源)

 

特にコラーゲン・トリペプチドFは皮膚への浸透性に優れていて、検証実験において保湿作用や肌荒れ改善作用、皮膚のハリの改善効果などが確認されています。

 

<引用>

皮膚浸透性、コラーゲン産生促進能およびビアルロン酸産生促進などの機能性を有することが明らかになった。また、ヒトによるモニター試験によっても、保湿作用、肌荒れ改善作用および皮膚のはりを改善する作用が認められた。

 

【引用記事】
皮膚浸透性コラーゲン・トリペプチド(CTP)の機能性と有用性

 

 

ヒアルロン酸ナトリウムの効果

ヒアルロン酸は、直鎖状のグリコサミノグリカンの一種で、私たちの体内にもゲル状になって存在しています。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトなどのような化粧品やスキンケア製品には、ヒアルロン酸ナトリウムというかたちで配合されます。

 

 

優れた保湿作用

ヒアルロン酸は保湿作用に優れていて、1グラム(ヒアルロン酸)あたり6リットルの水分を保持することができます。

 

真皮の主要構成要素のコラーゲンとエラスチンの隙間を埋める役割があり、肌に弾力を与えることができます。

 

角質層の水分量をキープして、しっとりと滑らかな保護膜を形成します。

 

ヒアルロン酸ナトリウムの検証実験も行われていて、皮表柔軟化や保湿作用が確認されています。

 

【参考文献】
「ヒアルロン酸ナトリウムの保湿性」皮膚(27)(2) 外岡 憲明

 

 

アロエエキスの効果

アロエ

 

ユリ科のアロエの葉から抽出されるエキスのことです。

 

アロエにはさまざまな種類がありますが、一般的にはアロエベラが使用されることが多いですね。

 

美肌効果

アロエエキスには肌の調子を整える作用があります。

 

ターンオーバーを正常にして、肌の生まれ変わりをスムーズにしてくれます。

 

また、アロエにはコラーゲンの生成を促す働きがあります。

 

コラーゲンの働きに関しては上記で紹介しているので、ここでは省略しますね。

 

実際にアロエエキスを肌に塗ることで、肌のコラーゲン量が増えたという研究結果も報告されています。

 

 

美白効果

アロエエキスにはアロエシンという成分が含まれていて、ビタミンCと同じくらいの美白効果があります。

 

具体的にはメラニン色素を生成するチロシナーゼの働きを抑制する作用があります。

 

シミやそばかすを予防するだけでなく、メラニン色素を外部に排出する働きもあるため、シミやそばかすを改善する効果も期待できます。

 

<検証実験>

複数種類のアロエ(Aloe ferox、Aloe aculeata、Aloe pretoriensis、Aloe sessiliflora)のエタノール抽出物(500μg/ml)は、チロシナーゼの活性をそれぞれ(60%、31%、17%、13%)抑制することを確認しました。

 

これらの結果から、各アロエの抽出物には皮膚の異常なメラニン産生を抑える働きがあることが判明しました。

 

【参考文献】
Melanogenesis and antityrosinase activity of selected South african plants.

 

 

オウゴンエキスの効果

コガネバナ

 

シソ科植物のコガネバナの根から抽出されるエキスです。

 

フラボノイド類(バイカリン、バイカレイン)やステロイド類、グルクロン酸などが含まれています。

 

色素沈着抑制作用

オウゴンエキスにはエンドセリン-1(メラノサイト活性化因子)の働きを抑制する作用があります。

 

紫外線を浴びた肌は活性酸素を発生して、エンドセリン-1を分泌します。

 

そしてエンドセリン受容体を持っているメラノサイトに届けられることでメラニン色素の生成が始まります。

 

つまり、色素沈着の原因となるエンドセリン-1の働きを抑制することで、シミやそばかすを防止することができるのです。

 

2006年に丸善製薬株式会社がエンドセリン-1を抑制する植物エキスの検証実験が行われています。

 

その中で、オウゴンエキスが優れた効果を発揮したことが報告されています。

 

<検証実験>

オウゴン根エキスには濃度依存的なエンドセリン-1産生抑制作用が認められるだけでなく、10μg/mLでほぼ完全にエンドセリン-1の産生を抑制した。

 

また、オウゴン根エキスは、UVB照射ケラチノサイトにおけるエンドセリン-1mRNA発現上昇を濃度依存的に抑制する作用も有していた。

 

【参考文献】
「高機能植物コンプレックス(オウゴン,タイソウ,カンゾウフラボノイド)の美白効果」Fregrance Journal(34)(8) 川嶋 善仁(2006)

 

 

シャクヤクエキスの効果

シャクヤク

 

シャクヤクはボタン科の植物で、その根から抽出したエキスのことです。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトのようなスキンケア製品などに配合する場合は、色素沈着作用や抗炎症作用、抗菌作用、保湿・バリア改善作用などが期待できます。

 

 

色素沈着抑制作用

この中で一番期待するのは色素沈着抑制作用ですね。

 

紫外線を浴びた皮膚はチロシナーゼという酵素を活性化させて、メラニン色素の生成を促します。

 

シャクヤクエキスに含まれているガロタンニンには、このチロシナーゼの働きを抑制する働きがあります。

 

その結果、メラニン色素の生成をブロックして、色素沈着を抑制することができます。

 

 

保湿・バリア改善作用

シャクヤクエキスにはセラミドの合成を促すことによる保湿・バリア改善作用があります。

 

細胞同士の隙間にはセラミドやコレステール、遊離脂肪酸などで構成されている細胞間脂質が存在しています。

 

セラミドは細胞間脂質の中でもセラミドは全体の50%以上を占めています。

 

このセラミドには皮膚の水分をキープしたり、外部からのバリア機能などを担っています。

 

シャクヤクエキスはセラミドの合成を促す働きがあるため、セラミドの働きを高めることで、結果として保湿作用やバリア改善作用が期待できます。

 

 

リンゴエキスの効果

リンゴ

 

リンゴはバラ科の植物で、その果実から抽出したエキスのことです。

 

糖類(ブドウ糖、果糖、ショ糖)や多糖類(ペクチン、ペントサン、ガラクトアラバン)、ソルビトール、有機酸類(リンゴ酸、クエン酸)、フラボノイド類(クエルセチン)、タンニンなどが含まれています。

 

リンゴエキスにはさまざまな効果がありますが、スキンケア製品に配合する場合は保湿作用や収斂(しゅうれん)作用が期待できます。

 

特に保湿作用に優れていて、肌に塗り込むことで水分量を維持して、潤いを与えてくれます。

 

【参考文献】
「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックT 日光ケミカルズ(2006)

 

 

 

ほうれい線にも効果あり

女性の顔

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは、ほうれい線にも効果を発揮します。

 

ほうれい線が目立つ原因は『皮膚のたるみ』や『乾燥』です。

 

皮膚のたるみ

皮膚がたるむことでほうれい線が目立ってきます。

 

紫外線を浴びたり年齢を重ねることで、肌のコラーゲンやエラスチンが減少して真皮内が緩んできて、ハリがなくなってきます。

 

その結果、頬の皮膚がたるんでしまい、ほうれい線が目立ってしまうのです。

 

 

乾燥による小ジワ

肌の乾燥もほうれい線を目立たせます。

 

潤いが不足していると、肌の表面に小さなシワができやすくなります。

 

この小ジワが増えて定着してしまうと、くっきりとしたほうれい線になってしまいます。

 

特に20代の若い年代でほうれい線が目立つ場合は、肌の乾燥が大きな原因と考えられます。

 

 

保湿オイル由来カプセルがアプローチ

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトには独自開発の保湿オイル由来カプセルを採用しています。

 

その中に合計64種類の美容成分が詰め込まれていて、肌にしっかりと浸透していきます。

 

濃密な潤いともっちりハリを取り戻すことで、ほうれい線にアプローチします。

 

ほうれい線の状態によっては完全に消すことはできないかもしれませんが、目立たなくさせることは十分に可能です。

 

 

 

効果なし・効かないと感じる理由

×マークを持つ女性

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは多くの方々が満足しているオールインワンジェルですが、中には「効果なし」「効かない」と感じている方もいます。

 

インターネット上で公開されている情報を調べてみると、下記のような原因にまとめられました。

 

  • 短期間しか使っていない
  • 毎日使っていない
  • 体質に合っていない

 

短期間しか使っていない

一番多い理由が『短期間しか使っていない』です。

 

「効果なし」と思っている方の大半は1ヶ月程度使った段階で判断をしています。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは優れたスキンケア製品ですが、即効性はありません。

 

たった1ヶ月程度使ったくらいでは期待しているような効果を実感することは難しいです。

 

肌の潤い効果やもっちり肌効果は実感することはできますが、ホワイトニング効果は時間がかかります。

 

シミやくすみを改善するためには一定の時間がかかります。

 

個人差はありますが、最低でも3ヶ月程度は継続して使い続けることをおすすめします。

 

たとえ最初の1ヶ月目で変化が現れていなくても、気にせずに使い続けましょう。

 

 

毎日使っていない

その次に多い理由が『毎日使っていない』です。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは毎日使い続けることで、徐々に効果を実感することができます。

 

2日おきに使ったり、気が向いた時しか使わない場合は、効果が半減してしまいます…。

 

しっかりと効果を実感するためにも、毎日欠かさずに使い続けるようにしましょう。

 

 

体質に合っていない

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを毎日欠かさずに使い続けても、期待しているような効果を実感できない方も存在します。

 

配合されている成分が体質にマッチしていない恐れがあります。

 

まずは3ヶ月間毎日使い続けてください。

 

それでも少しも変化が現れない場合は体質に合っていない可能性があります。

 

その場合は他のスキンケア製品に切り替えることも検討しましょう。

 

 

page top