ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの副作用はなし!敏感肌は気を付けよう

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトに配合されている成分はどれも安全性が確認されています。

 

重大な副作用や健康被害を受ける恐れはありません。

 

但し敏感肌の場合は注意して下さい。事前にパッチテストをしてから本格的に使用しましょう。

 

 

〜56%オフ!初回購入者限定特典〜

初回1,980円から始められます♪

 

 

 

配合成分の副作用・安全性をチェック

虫眼鏡を持つ女性

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトには合計64種類の成分が配合されています。

 

どの成分も安全性が確認されているので、副作用の心配はありません。

 

ここでは主な配合成分をいくつかピックアップして、その副作用・安全性に関して解説していきます。

 

 

水溶性プラセンタエキスの副作用の有無

 

プラセンタは哺乳類動物の胎盤から採取される成分です。

 

赤ちゃんに栄養を送る役割を担っているので、成長因子やアミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトのようなスキンケア製品にはブタや馬のプラセンタが採用されることが多いです。

 

プラセンタエキスの安全性に関しては、10年以上にわたって使用されている成分であることや、皮膚刺激性・眼刺激性・皮膚感作性がほとんどないという点から安全性が高い成分だと言えます。

 

スノーデン株式会社がプランセンタエキスを塗布する検証実験を行い、安全性が確認されています。

 

<検証データ>

馬と豚由来の化粧品用プラセンタエキスに関する皮膚一次刺激性試験・連続皮膚刺激性試験を実施しました。

 

どちらのプラセンタエキスも被験者の皮膚反応はなく、陰性でした。

 

さらに馬ち豚由来の化粧品用プラセンタエキスの皮膚感作性をパッチテストを用いて実施したところ、陰性という結果が出ています。

 

【参考記事】
スノーデンプラセンタエキスの安全性

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムの副作用の有無

 

グリチルリチン酸ジカリウムは甘草(かんぞう)という植物の根から抽出されるグリチルリチン酸にカリウムを結合させて作られる成分です。

 

医薬部外品の有効成分に指定されていることから安全性が確認されています。

 

多くの化粧品やスキンケア製品に配合されている点からも副作用の心配はほとんどありません。

 

皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)に関する試験も実施されていて、安全性が証明されています。

 

<検証データ>

56名の被験者(18歳〜62歳)の背中に、グリチルリチン酸(0.6%含有)を含む製剤を48時間のパッチテストを行いました。

 

パッチ除去30分後と24時間後の2回にわたった皮膚刺激性を評価したところ、どの被験者においても有害な皮膚反応は確認されませんでした。

 

【参考文献】
Allergisa Pesquisa Dermato-Cosmetica Ltd,2004

 

 

ローヤルゼリーの副作用の有無

ローヤルゼリー

 

セイヨウミツバチの働きバチが花粉やハチミツを食べて体内で分解・合成をして、咽頭腺や大腮腺から分泌されるエキスのことです。

 

ローヤルゼリーの安全性に関する詳細なデータはほとんどありません。

 

しかし、10年以上の長い年月にわたってさまざまな製品に配合されていて、副作用や健康被害の報告もないことから、安全性は高いと言えます。

 

また、ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは直接口から摂取するわけではなく、肌に塗るタイプの製品なので、安心して使用して下さい。

 

 

コラーゲンの副作用の有無

コラーゲン

 

コラーゲンは動物の体皮(皮膚)・軟骨・腱(けん)などを構成する繊維状のタンパク質のことです。

 

安全性に関してはさまざまな研究機関で検証実験が行われていて、安全性が確認されています。

 

<検証データ>

 

1)被験者に100%ブタ皮由来の水溶性コラーゲンを使用したRIPT(累積刺激および感作試験)が行われました。

 

結果はどの被験者においても無刺激で、安全だと結論づけています。

 

【参考文献】
「豚皮由来コラーゲンについて」Fragarance Journal(29)(11) 鈴木 邦夫(2001)

 

 

2)40名の被験者の背中部分にキンメダイ由来の水溶性コラーゲンに対するRIPT試験を実施したところ、どの被験者においても無刺激であったことが報告されています。

 

【参考文献】
「海洋性コラーゲンの開発とその特性」Fragarance Journal(30)(6) 大澤 豊、他(2002)

 

 

ヒアルロン酸の副作用の有無

 

ヒアルロン酸は、直鎖状のグリコサミノグリカンの一種です。

 

私たちの体内にも存在していて、皮膚あ軟骨、眼球では重要な役割を担っています。

 

体内に存在している成分である点や、安全性試験においても副作用の心配がないことが確認されています。

 

キユーピー株式会社が実施したヒアルロン酸の安全性試験では、皮膚一次刺激性および累積皮膚刺激性はなし、ヒトパッチテストも異常なし、皮膚感作性も陰性だったと報告しています。

 

【参考資料】

「ヒアルロンサンHAシリーズ」技術資料.キユーピー株式会社(2016)

 

 

初回1,980円から始められます♪

 

 

 

アロエエキスの副作用の有無

アロエ

 

アロエはユリ科の多肉植物で、その葉から抽出されるエキスのことです。

 

皮膚刺激性や眼刺激性に関する安全性試験のデータは見つかりませんでしたが、古くから使用されている成分で、健康被害の報告もないことから副作用の心配はないと判断できます。

 

皮膚感作性(アレルギー性)については試験データがあり、安全性が確認されています。

 

<検証実験>

26名の被験者にアロエベラ葉エキス(0.05%含有)を配合しているトナーの皮膚アレルギー試験を実施したところ、皮膚感作性が疑われる症状は観察されませんでした。

 

【参考記事】
Final Report on the Safety Assessment of Aloe Andongensis Extract, Aloe Andongensis Leaf Juice, Aloe Arborescens Leaf Extract, Aloe Arborescens Leaf Juice, Aloe Arborescens Leaf Protoplasts, Aloe Barbadensis Flower Extract, Aloe Barbadensis Leaf, Aloe Barbadensis Leaf Extract, Aloe Barbadensis Leaf Juice, Aloe Barbadensis Leaf Polysaccharides, Aloe Barbadensis Leaf Water, Aloe Ferox Leaf Extract, Aloe Ferox Leaf Juice, and Aloe Ferox Leaf Juice Extract1

 

 

オウゴンエキスの副作用の有無

コガネバナ

 

コガネバナというシソ科の植物から抽出されるエキスです。

 

眼刺激性に関するデータは少ないですが、皮膚刺激性はほとんどなく、皮膚感作性(アレルギー性)や光毒性、光感作性の報告もないため、安全性が高いと判断できます。

 

<検証データ>

健常な30名の被験者を対象にして、両前腕の内側にオウゴン根(2%含有)のエタノール抽出物を配合した頭皮ケア製品を20分間にわたってFinnChamberを適用して、症状の変化を測定しました。

 

パッチ除去10分後に皮膚反応を評価したところ、皮膚刺激反応や接触蕁麻疹の反応は確認されませんでした。

 

 

シャクヤクエキスの副作用の有無

シャクヤク

 

シャクヤク(ボタン科)という植物から抽出されるエキスのことです。

 

モノテルペン配糖体(ペオニフロリン、アルビフロリン)やタンニン類(ガロタニン)、フェノール類(ベオノール)、安息香酸などが含まれています。

 

安全性に関するデータがほとんどないですが、10年以上の長い期間にわたって使用されていて、副作用や健康被害の報告もないため、安全な成分だと判断できます。

 

また、ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは直接口に摂取する製品ではないので、肌に塗って使用する場合はより安全だと言えます。

 

 

リンゴエキスの副作用の有無

リンゴ

 

バラ科のリンゴの果実から抽出されるエキスのことです。

 

糖類や多糖類、ソルビトール、有機酸類、フラボノイド類、タンニンなどが含まれています。

 

普段私たちもよく食べる果実ということもあり、安全な成分として知られています。

 

 

<検証データ>

正常なヒト表皮角化細胞を用いて再構築された3次元培養表皮モデル(EpiDerm)を使った in vitro試験が実施されました。

 

角層表面に20%のリンゴ果実エキスを含む製品を処理したところ、刺激性がないと判断されました。

 

【参考記事】
Safety Assessment of Apple-derived Ingredients as Used in Cosmetics

 

 

初回1,980円から始められます♪

 

 

 

気になる美容関連以外の成分

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトには、上記の美容に効果を発揮する成分以外にもさまざまな成分が配合されています。

 

その中でも少し気になった成分をいくつかピックアップしてみました。

 

【美容関連以外の成分】
1,2-ペンタンジオール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、ポリビニルピロリドン、モノラウリン酸ポリグリセリル、フェノキシエタノール

 

1,2-ペンタンジオールの副作用の有無

 

1,2-ペンタンジオールは多価アルコールの一種で、化粧品成分としてはペンチレングリコールと表記されます。

 

抗菌作用に優れているため、抗菌や防腐による製品を安定化させるために配合しています。

 

安全性に関しては、皮膚刺激性や皮膚感作成(アレルギー性)、眼刺激性もほとんどないので安心です。

 

マンダムが実施した安全性試験においても安全性が確認されています。

 

健康な70名の中からピリピリした皮膚刺激の感受性が高い7名を選びました。

 

この7名を対象にして、ペンチレングリコールを配合した製品とパラベンを配合した製品を頬部に塗布して、その皮膚刺激性を独自の皮膚刺激スコア(1.0を閾値として刺激性が強いと判定)で評価しました。

 

その結果、パラベン配合製品が1.3であった一方、ペンチレングリコール配合製品は0.4であり、ほとんど皮膚刺激性なしと判断しています。

 

【参考記事】

マンダムによる独自技術保湿成分[アルカンジオール]の抗菌性を応用した防腐剤フリー(無添加)処方の化粧品を実現 ノ

 

 

アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体の副作用の有無

 

O/W型高分子水溶性ポリマーで、大きな親水基と小さな親油基を有しています。

 

ウォータープルーフ作用(水に付けても成分が落ちない)があり、化粧品などによく使用されています。

 

高分子の成分なので皮膚内に浸透することがないため、皮膚の刺激性はほとんどありません。

 

また、重大なアレルギーを起こしたという報告もありません。

 

<検証データ>

100名の被験者に対して、誘導期間として97.5%以上の(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー溶液を2×2cmサイズのパッチで1〜3週間の間に合計4回適用しました。

 

さらに1週間の無処置期間経過後に再度パッチを適用し、除去後に評価したところ、被験者の肌からは刺激性や皮膚感作成は確認されませんでした。

 

【参考記事】
Final Safety Assessment of Crosslinked Alkyl Acrylates as Used in Cosmetics

 

 

ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液の副作用の有無

 

ジエチレントリアミン五酢酸の五ナトリウム塩のことです。

 

配合成分のキレート作用があり、金属イオンの働きを抑制する目的で使用されています。

 

ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液には皮膚刺激性や皮膚感作性がほとんどなく、安全性が確認されています。

 

実際に行われた検証実験でも安全だと結論づけています。

 

<検証データ>

25名の被験者を対象にして、事前テスト・誘導テスト・チャレンジテストの3段階の感作性テストを実施しました。

 

事前テストではペンテト酸5Na(0.1mL)を48時間閉塞パッチを適用して、パッチ除去後に皮膚反応を評価したところ、全ての被験者にも皮膚刺激や皮膚感作の症状は確認されませんでした。

 

誘導テストではペンテト酸5Na(0.1%)を含むファンデーション(0.1mL)を48時間閉塞パッチを適用して、刺激がなかった場合は10日間の休止期間を設けた後にチャレンジテストに移行しました。

 

誘導テストに関しては全ての被験者が皮膚刺激と皮膚感作が確認されませんでした。

 

これらの結果をまとめると、ペンテト酸5Na(0.1%)を含むフェイシャルファンデーションは、通常の使用条件において皮膚感作を引き起こす可能性はないと結論付けています。

 

【参考文献】
Ivy Laboratories,1993

 

 

フェノキシエタノールの副作用の有無

 

エチレングリコールの水酸基とフェノールの水酸基が、エーテル結合をした有機化合物です。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトなどのスキンケア製品に使用される場合は、抗菌・防腐目的で配合されます。

 

フェノキシエタノールは20年以上の使用実績があり、健康被害の報告もありません。

 

検証実験でも皮膚刺激性や皮膚感作性、眼刺激性がほとんどないと報告されています。

 

<検証データ>

51名の被験者を対象にしてフェノキシエタノール(10%)を含むミネラルオイル0.3mLを塗布するHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施しました。

 

誘導期間において2名の被験者はほとんど知覚できない程度の反応がありましたが、どちらも次のパッチ適用までに反応は消失しました。

 

また試験期間内で他の被験者に皮膚反応はなく、皮膚刺激と皮膚感作の兆候は確認されませんでした。

 

【参考文献】
Hill Top Research Inc,1984

 

 

ポリビニルピロリドンの副作用の有無

 

ポリビニルピロリドン(PVP)はビニルピロリドンを重合して直鎖状に結合した水溶性の合成樹脂のことです。

 

一般的にはグリセリンやソルビトールなどの多価アルコール成分を、柔軟性や耐候性を高める目的で使用します。

 

20年以上使用されている実績があり、副作用や健康被害の報告もありません。

 

検証実験でも皮膚刺激性と皮膚感作性(アレルギー性)に関する安全性が確認されています。

 

<検証データ>

25名の被験者を対象にして、2%のPVPを含むファンデーション0.1mLを48時間閉塞パッチを5回適用して、さらに10日の無処置期間を経て未処置部位に48時間単一チャレンジパッチを適用した検証実験が行われました。

 

パッチ除去24時間後に皮膚反応をチェックしたところ、接触アレルギーの症状は確認されませんでした。

 

【参考文献】
Ivy Laboratories,1993

 

 

初回1,980円から始められます♪

 

 

 

敏感肌の場合は少し気を付けましょう

注意

 

上述しているように、ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトに配合されている成分の安全性は確認されていますが、敏感肌の場合は少し注意をして下さい。

 

もしかしたら、痒みや赤み、湿疹などの症状が現れる恐れがあります。

 

敏感肌の症状には個人差があります。

 

過去にスキンケア製品を使用した際に、痒みや赤みなどの症状が現れた経験がある場合は、万が一に備えて、事前にパッチテストを実施しましょう。

 

 

パッチテストの方法

クリームを腕に塗る

 

パッチテストとは、かぶれ(アレルギー性接触性皮膚炎)や薬剤アレルギーなどの症状が現れるかどうかを確認する試験のことです。

 

やり方は簡単です。皮膚の薄い腕の内側部分に少量を塗って、一定の時間放置して異常が現れるかどうかをチェックします。

 

医療機関などで実施する場合は48時間後の変化を確認しますが、自宅で実施する場合はそこまで時間をかける必要はありません。

 

朝起きてから少量のローヤルゼリーもっちりジェルホワイトを腕の内側に塗って、夜のお風呂に入るまでに変化がなければ大丈夫です。

 

翌日から通常通りの方法で、顔に塗ってケアを始めましょう。

 

万が一、肌に異常が確認された場合は、近隣の医師の診断を受けるようにして下さい。

 

 

 

無添加で肌に優しいオールインワンジェル

オールインワンだからひと塗り!しかも無添加

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは肌に優しいオールインワンのホワイトングジェルです。

 

無添加にこだわっていて、合成着色料や合成香料、鉱物油、パラベン、アルコールなどの添加物は不使用となっています。

 

ここでは参考までに、上記の添加物にはどのような危険性があるのかを解説しようと思います。

 

 

合成着色料の危険性

合成着色料は化学的に作られた着色料のことです。

 

赤色102号や青色1号などと表記されていることが多いです。

 

合成着色料は大きくタール系と酸化チタン系に分類されます。

 

タール系はナフサという石油系の成分と生成されます。

 

一方の酸化チタン系は鉱石などから生成されます。

 

少量であれば問題ないと言われていますが、発がん性のリスクがあったり、蕁麻疹(じんましん)の症状が現れるなどと指摘されています。

 

 

合成香料の危険性

合成香料は科学的に作られた香料のことです。

 

さまざまな成分がありますが、中でも代表的な成分がアルデヒド類です。

 

具体的にはベンズアルデヒド、アニスアルデヒドなどの成分が該当します。

 

人体への悪影響に関しては、吸入や摂取による喉や咽喉痛、皮膚接触による炎症(肌が赤くなる)、目に入った場合に痛みが生じるなどが挙げられます。

 

また、ニオイに敏感な場合は、わずかな香りでも吐き気を催すこともあります。

 

 

鉱物油の危険性

鉱物油はミネラルオイルとも呼ばれています。

 

一見すると健康に良さそうなイメージを抱きますが、実際は石油を分留精製することによって抽出されます。

 

化粧品に基剤としては流動パラフィン、ワセリン、マイクロクリスタリンなどが挙げられます。

 

高度に精製された場合は安全ですが、質が悪い場合は身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

特に合成界面活性剤と一緒に使った場合は、皮膚の働きに悪影響を与えると指摘されています。

 

 

パラベンの危険性

パラベンの正式名称はパラオキシ安息香酸エステルで、防腐剤として使用されています。

 

人体への毒性が低くて、微生物やカビなどの菌類を排除する働きがあることから、化粧品や医薬品に使用されることが多いです。

 

但しパラベンの濃度が高い場合は、肌が荒れるなどのアレルギー反応が出る恐れがあります。

 

 

アルコールの危険性

化粧品やスキンケア製品に配合される場合はエタノールと記載されます。

 

肌を引き締める作用や殺菌作用があります。

 

基本的には安全なのですが、アルコールに過敏に反応する体質の場合は、肌に塗ると赤くなったり痒くなるなどの症状が現れることがあります。

 

 

 

品質管理も万全!ISO9001認証工場で製造しています

成分検査をする女性

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの購入を検討する場合には、どのような工場で製造されているかも気になりますよね?

 

安価なスキンケア製品の中にはコストを抑えるために、海外の工場に製造を委託しているケースもあります。

 

中には管理体制が杜撰(ずさん)で、製品に異物や不純物が混入するなどの問題が発生する恐れもあります…(汗)

 

 

異物や不純物が混入するリスクもなし

その点、ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトはISO9001認証工場で製造されているので安心して下さい。

 

ISO9001認証とは製品やサービスの品質保証に関する国際規格のことです。

 

品質管理(マネジメント)がしっかりしている工場で製造されているので、質の高い製品を製造することができます。

 

しっかりと検品もしてくれるので、異物や不純物が混入しているリスクもなく、安心して毎日使うことができます。

 

【参考記事】

ISO 9001(品質)| 日本品質保証機構

 

 

〜56%オフ!初回購入者限定特典〜

初回1,980円から始められます♪

 

page top